診療科目

診療科目

  • 小児科
  • 内科
  • ペインクリニック科
  • 皮膚科
  • アレルギー相談

小児科

お子さまの病気全般を診療します。

発熱 せき 鼻水 頭痛 嘔吐 下痢 腹痛 発疹 アレルギー けいれん

微量採血

当院では、微量採血を行っています。

採血が必要な検査(白血球やCRPなど炎症をみる検査、アレルギー検査)では、お子さんに痛みの少ない採血を行っています。

穿刺する部位を消毒し、
保護キャップをねじって引っ張り、
ホルダーから取り外します。

穿刺部位周辺を圧迫し、
皮膚を張らせた状態で、
ホルダーの先端を穿刺部位に押しあてます。

作動音がするまでさらに押し付け、
すぐに離します。

血液を必要量採取します。

院内迅速検査

微量の採血で、血液の白血球やCRPなどを計測し、
炎症の程度を調べます。4分で結果が出ます。

各種迅速検査

当院では下記の感染症に対して、迅速検査キットを常備、早期診断に役立てています。
10〜15分程で検査結果が分かります。

●インフルエンザ
●RSウイルス
●ロタウイルス
●溶連菌
●アデノウイルス
●マイコプラズマ

超音波検査

この検査はX線検査のように放射線被ばくの心配がなく、腹部や腎泌尿器の先天奇形など多くの臓器をリアルタイムで調べることができます。子供が陥りやすい脱水の評価も可能です。

  • 虫垂炎
    虫垂炎
  • 急性胃腸炎
    急性胃腸炎
  • 水腎症
    水腎症

→ こちらのリンクも参考にしてみて下さい。(かわかみ小児科クリニック:超音波検査の活用例)

●尿(沈渣)検査

乳幼児に起こる発熱の10%は、尿路感染症が原因とされています。
腎臓や泌尿器系統の疾患以外にも糖尿病など、たくさんの情報が得られる検査です。

●アレルギー検査

ご希望がありましたら、痛みの少ない微量採血キットによるアレルギー検査(食物、鼻炎、ぜんそく)を実施できます。
即日、約20分で結果がでます。

予防接種

身のまわりにある細菌やウイルスによる感染を防ぐために、予防接種を受けましょう。
予防接種にはご予約が必要です。予約・接種時期については、予防接種のご案内をご覧ください。

内科

風邪や胃腸炎などの急性の病気から、生活習慣病などの慢性の病気まで診療を行います。

●発熱、せき、鼻水、のどの痛みといった風邪などの感染症
●腹痛、嘔吐、下痢、便秘、胸やけなどの消化器疾患
●脂質代謝異常、高尿酸血症(痛風)、糖尿病、メタボリックシンドロームなどの生活習慣病
●高血圧、不整脈などの循環器疾患
●喘息、いびき(睡眠時無呼吸)などの呼吸器疾患
●残尿感、頻尿、排尿痛、血尿などを認める膀胱炎、尿路結石、前立腺炎、
   性行為感染症などの腎泌尿器疾患
●頭痛(片頭痛、筋緊張性頭痛、群発頭痛など)→重症の場合、ペインクリニックで治療します。

院内迅速検査

微量採血で血液の白血球やCRPなどを計測し、炎症の程度を調べます。約4分で結果がでます。

各種迅速検査キット

当院では下記の感染症に対して、迅速検査キットを常備、早期診断に役立てています。
10〜15分程で検査結果が分かります。

●インフルエンザ ●溶連菌 ●マイコプラズマ ●アデノウイルス

超音波検査

●頸動脈エコー
簡便で視覚的に動脈硬化の診断が出来る検査です

  • 頸動脈エコー
    頸動脈エコー

高血圧、脂質異常症、糖尿病、肥満(メタボリックシンドローム)などは、動脈硬化を加速させる危険因子です。当院では、頸動脈エコーで動脈硬化の進み具合を診断して、服薬メニューなど治療方針を決定します。詳細はこちらもご参照ください。

●腹部エコー
肝臓、胆嚢、腎臓、膵臓、膀胱、前立腺、さらに子宮や卵巣が検査対象となります。

  • 脂肪肝
    脂肪肝
  • 胆石
    胆石
  • 腎結石
    腎結石

腹痛の原因検索や便秘・下痢の評価だけでなく、現代の生活習慣と関連が高い脂肪肝、胆石(胆のうポリープ)、尿路結石(腎結石、尿管結石など)、前立腺肥大などの進み具合も診断可能であり、治療方針の決定に役立ちます。詳細はこちらもご参照ください。

禁煙外来(保険適応)

自分と家族の健康のために、お医者さんと一緒に禁煙しましょう。

高崎市の検診(成人)

特定(メタボ)健診・がん検診を受けて、健康の維持や病気の予防に役立てましょう。
詳細はこちらを参照してください。

ペインクリニック科



ペインクリニックとは名前のとおり、「ペイン(pain)=痛み」の診断治療をするクリニックです。「神経ブロック」を中心にして、様々な痛みの悪循環を解消することで痛みを改善していきます。


ペインクリニックの神経ブロックについて
(当院における神経ブロックについて、Q&A形式で詳しく説明しています。是非参照して下さい。)

頸動脈エコー
超音波ガイド下神経ブロック
レントゲン透視下神経ブロック
レントゲン透視下神経ブロック
レントゲン透視装置
超音波装置とレントゲン透視装置

超音波装置とレントゲン透視装置を併用すると、リアルタイムに目標が可視化できますので、
より安全かつ正確に『神経ブロック』が施行できます。

(主な治療対象)

腰痛 坐骨神経痛 椎間板ヘルニア 腰椎すべり症 ぎっくり腰
肩や膝の関節痛 肩こり むちうち症 手足のしびれ
帯状疱疹後神経痛 肋間神経痛 手術後痛
頭痛(片頭痛、筋緊張性頭痛、群発頭痛など)三叉神経痛
顔面痛 顔面神経麻痺 顔面痙攣 眼瞼痙攣
突発性難聴 メニエール病 尿路結石の痛み
手根管症候群 テニス肘 ゴルフ肘 など

何度も繰り返し、長期に持続する頭痛や腰痛などの『痛み』の治療を諦めてしまっている方も多いと思います。当院はペインクリックでのみ施行される『神経ブロック』のオプションを多数ご用意しております。診断が正しく神経ブロックが正確に行われたときは、確実に鎮痛が得られます。神経ブロック以外にも、肩や膝などの関節の痛みに対して、関節注射も施行します。 また50歳以上の女性の3人に1人が骨粗鬆症にかかっており、その予防と治療にも力を入れています。



デシタル骨塩定量測定

人間にとって痛みはストレスであり、痛くて眠れなかったり、食べられなかったりすれば、日常生活に大きな支障をきたします。頑固な痛みは我慢していても、なかなか治りません。しかし痛んだ部位を神経ブロックで治療すると、その周囲の血流は良くなり、溜まっていた「痛みの物質」が洗い流されて自然に回復する力が促進されます。

痛みが回復した後、それを繰り返さない日常生活の注意点、リハビリ方法も分かりやすくご説明いたします。
どのような痛みでも、お気軽にご相談ください。痛みの悪循環を断ち切ることにより、身も心も健康となるよう「お手伝い」いたします。


※内科 、整形外科、皮膚科、歯科、接骨・整体院などで軽快しない『頑固でしつこい痛み』は、是非ご相談ください。 尚、お薬手帳がある方は必ずご持参ください。

※眼瞼痙攣、顔面痙攣のボトックス注射は、保険診療(適応)となります。

皮膚科

湿疹(乾燥肌、手荒れ)、アトピー性皮膚炎、頭のかゆみ(フケ症)、じんましん、水虫、ニキビ、
ヘルペス、帯状疱疹、とびひ、水イボ、タコ、ウオノメなど一般的な皮膚疾患を診療します。

  • ●乳幼児や小児科の皮膚トラブル・スキンケアについてご相談ください。
  • ●水虫(足白癬、爪白癬)は、顕微鏡で正確に検査して治療方針を決定します。
  • ●アトピー性皮膚炎は、外用薬だけでなく漢方薬も処方します。
  • ●帯状疱疹後神経痛は、ペインクリニックで治療します。
  • ●水イボの治療は、麻酔の貼り薬で痛みを軽減します。ぬり薬の治療(グルタールアルデヒド、硝酸銀)もあります。

アレルギー相談

気管支ぜんそく、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、食物アレルギー、じんま疹の診療・検査を行っています。
症状に応じての自己管理、日常生活の注意点、薬の飲み方や塗り方などアレルギーの相談を随時受け付けております。また体質改善のため、漢方薬も処方します。

  • 予防接種のご案内
  • 乳幼児検診のご案内
  • 院内処方のこだわり
  • 緊急連絡先(高崎市)のご案内
  • ペインクリニックの神経ブロックについて
  • 自由診療メニュー(アンチエイジング、ビタミン注射)
  • 患者様のご感想

群馬県高崎市にある小児科、内科、皮膚科、
ペインクリニック科、アレルギー科の医院

戸田小児科内科クリニック〜痛みの診療所〜

予約システムのご案内

『小児科』『ペインクリニック初診』は、カレンダーで空き状況を見てインターネット予約できます。
予約システムのご案内 をご確認の上、ご利用ください。

診断順番予約

QRコード
QRコード
予約システムへ
アクセスします。

027-322-1313
お問い合わせ

〒370-0884 群馬県高崎市八幡町117
● 国道18号から八幡大門に入り約200m、
  八幡小学校の校門前にあります。
● 駐車場25台

ポケベルでの呼び出し

クリニック内と駐車場で連絡可能なポケベルの貸出を行っています。診療が近づくとポケベルで呼び出しを行います。
「院内感染予防」や「待合室での混雑緩和」を目的としています。ご希望の方は受付までお申し出ください。

QRコード
QRコード
公式ホームページへ
アクセスします。

おすすめリンク

子供の救急

夜間や休日などの診療時間外に病院を
受診するかどうか、判断の目安を
提供しています。
『日本小児科学会監修』

KNOW-VPD!VPDを知って、子どもを守ろう

VPDを知って、子供を守ろう!

VPDとは「ワクチンで防げる病気」のこと。
Vaccine(ワクチン)Preventable(防げる)
Diseases(病気)の略です。