院内処方のこだわり

院内処方と院外処方

 診察を受けた病院で直接お薬を受け取るのが院内処方、病院で処方箋を発行してもらい調剤薬局でお薬を受け取るのが院外処方と言います。

 最近では医薬分業が進み多くの医療機関で院外処方を採用していますが、当院では長年にわたり小児科専門医院であったこともあり、患者さまに優しい院内処方を貫いてきました。今回、診療部門の増設に伴い、一部で院外処方も採用することになりました。

院内処方のメリット 院外処方のメリット
  • 利便性(薬局に行く手間や時間が節約でき、会計が一度ですむ)
  • 経済性(調剤薬局への手数料がないため、自己負担金額が少ない)
  • 的確性(診察した医師が直接説明するので、処方の目的など的確に説明できる)
  • 柔軟性(希望により、お薬の変更や追加、日数の調節が比較的容易にできる)
  • 複数の医療機関からお薬の処方がある場合には、飲み合わせなど安全性の面で優れている。
  • 豊富な種類のお薬を扱っているため、ジェネリック薬品に変更してもうらことが比較的容易である。
  • 薬剤師からお薬の充分な説明や服薬指導が受けられる。

 医薬分業(院外処方)は国の政策です。新規クリニック開業のほとんどが、医薬分業をされています。その理由として医薬分業をしたほうが、経営上のメリットが大きいからです。実は院外処方ですと、院内処方に比べていろいろな料金が加算され患者さまが負担する費用が高くなります。
これから総合的な診療をしていく上で、院内薬局では設備、人員の配置、薬剤の在庫など様々なコストがかかってしまい、院内処方のみを継続することは、現実的には不可能です。

 そこで以下の条件の場合、院外処方にさせて頂くことにします。

  • 急性でなく慢性疾患の薬剤(降圧薬など)
  • 保湿剤など使用量の多い薬剤(ヒルドイドなど)
  • 処方が稀な薬剤(漢方薬など)
  • 複数の医療機関を受け、同一の調剤薬局(かかりつけ薬局)を希望する場合

大事な注意点

  • 同じ診療日で院内処方と院外処方の併用は認められていませんが、同じ患者さまでも診療日が違えば院内処方と院外処方は可能となります。

 特に小さいお子さまをお連れの方、体調の優れない方にとっては、院外に出て薬局まで移動するのは大変かと思います。そういった負担を減らすために、当院では小児科や急性期の患者さまには引き続き院内処方を行っていきます。

  • 他院で処方されたお薬との重複や併用による相互作用などを避けるため、お薬を飲んでいる場合、お薬手帳を必ず持参し診察時に見せるようにしてください。
  • 調剤薬局を検索するには、ぐんま統合型医療システム(薬局を探す)などをご利用してみてください。ご不明な点は、受付窓口に相談してください。

 皆さまにはご不便をお掛けするかもしれませんが、何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。

  • 予防接種のご案内
  • 乳幼児検診のご案内
  • 院内処方のこだわり
  • 緊急連絡先(高崎市)のご案内
  • ペインクリニックの神経ブロックについて
  • 自由診療メニュー(アンチエイジング、ビタミン注射)
  • 患者様のご感想

群馬県高崎市八幡町にある小児科、内科、
皮膚科・ペインクリニック科の医院

戸田小児科内科クリニック〜痛みの診療所〜

予約システムのご案内

『ペインクリニック初診』『小児科・予防接種』は、カレンダーで空き状況を見てインターネット予約できます。
予約システムのご案内 をご確認の上、ご利用ください。

診断順番予約

QRコード
QRコード
予約システムへ
アクセスします。

027-322-1313
お問い合わせ

〒370-0884 群馬県高崎市八幡町117
● 国道18号から八幡大門に入り約300m、
  八幡小学校の校門前にあります。
● 駐車場25台

ポケベルでの呼び出し

クリニック内と駐車場で連絡可能なポケベルの貸出を行っています。診療が近づくとポケベルで呼び出しを行います。
「院内感染予防」や「待合室での混雑緩和」を目的としています。ご希望の方は受付までお申し出ください。

QRコード
QRコード
公式ホームページへ
アクセスします。

おすすめリンク

子供の救急

夜間や休日などの診療時間外に病院を
受診するかどうか、判断の目安を
提供しています。
『日本小児科学会監修』

KNOW-VPD!VPDを知って、子どもを守ろう

VPDを知って、子供を守ろう!

VPDとは「ワクチンで防げる病気」のこと。
Vaccine(ワクチン)Preventable(防げる)
Diseases(病気)の略です。